研究組織

化学研究所は、30研究領域・5客員領域からなる5研究系・3附属センター体制をとっています。

  研究系・附属センター(研究目的) 研究領域



物質創製化学研究系
  有機化学、無機化学の枠を超えた視点で「新規物質」を創製し、その構造、機能、物性を解明する
  有機元素化学(時任研究室)
構造有機化学(村田研究室)
精密有機合成化学(川端研究室)
精密無機合成化学(寺西研究室)
材料機能化学研究系
  異種材料のハイブリッド化・複合化ならびにナノサイズ化に重点を置き、新規な機能を有する新世代材料の創製を目指す
  高分子材料設計化学(辻井研究室)
高分子制御合成(山子研究室)
無機フォトニクス材料(水落研究室)
ナノスピントロニクス(小野研究室)
生体機能化学研究系
  生物現象を化学の切口で解明し、生体の認識、応答、合成などの諸機能を、物質創製に活かす   生体機能設計化学(二木研究室)
生体触媒化学(山口研究室)
生体分子情報(青山研究室)
ケミカルバイオロジー(上杉研究室)
環境物質化学研究系
  生命の源である水と水圏環境や微生物・ 酵素が作る環境調和物質、環境に優しい有機デバイスに関し、化学の切口から総合的に研究する   分子材料化学(梶研究室)
水圏環境解析化学(宗林研究室)
分子環境解析化学(長谷川研究室)
分子微生物科学(栗原研究室)
複合基盤化学研究系
  理学と工学の融合的視点を開拓し、化学と物理学との境界領域に基盤を確立する。他の研究系・センターと連携しつつ、学際的視点も加えて、新たな物質科学の先端研究を発展させる   高分子物質科学(竹中研究室)
分子レオロジー(渡辺研究室)
分子集合解析(若宮研究室)






先端ビームナノ科学センター
  量子ビームの開発とそれらの原子核・原子・分子・プラズマとの相互作用の解明、極限的な時空間解析法の開発や機能性物質の創製・解析への応用などを推進   粒子ビーム科学(若杉研究室)
レーザー物質科学(阪部研究室)
複合ナノ解析化学(倉田研究室)
原子分子構造
元素科学国際研究センター
  物質の特性・機能を決定づける特定元素の役割解明と、有機・無機新物質創製の指針の提案   有機分子変換化学(中村研究室)
先端無機固体化学(島川研究室)
錯体触媒変換化学
光ナノ量子物性科学(金光研究室)
構造有機化学(兼)
生体機能設計化学(兼)
バイオインフォマティクスセンター
  計算機による生命科学知識の蓄積・獲得のためのバイオインフォマティクス(生命情報科学)の研究推進  

化学生命科学(緒方研究室)
数理生物情報(阿久津研究室)
生命知識工学(馬見塚研究室)

ゲノムネット推進室