所長挨拶

化学研究所長 辻 井 敬 亘
材料機能化学研究系 高分子材料設計化学研究領域)教授

 

 化学研究所(化研)は、「化学に関する特殊事項の学理および応用の研究を掌る」を設立理念として、1926年に設立された京都大学で最初の附置研究所です。設立理念に軸足をおきつつ、多彩な化学を中心に物理から生物、情報学に及ぶ広い分野を取り込みながら、一貫して基礎研究を重視した先駆的・先端的研究を進めてきました。現在、専任教員約90名からなる30研究領域(研究室)が、物質創製化学、材料機能化学、生体機能化学、環境物質化学、複合基盤化学の5研究系と先端ビームナノ科学、元素科学国際研究、バイオインフォマティクスの3附属センターに組織されて、先進・横断的研究を展開するとともに、各々が本学の理学、工学、農学、薬学、医学、情報学の6研究科11専攻に及ぶ協力講座として有為な若手研究者の育成に努め、学部教育や全学共通教育にも貢献しています。
 化研は昨年、7年に1度の外部評価を受け、設立以来取り組んできた、研究分野の多様化、個々の先鋭化、相互の連携/協働化を高く評価いただきました。これらの特色を活かした国際的ハブとして分野深耕を進めるのが、「国際共同利用・共同研究拠点」(平成30年度文部科学省認定)と「上海オンサイトラボラトリー」(令和元年度京都大学認定)の活動です。前者では、「化学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学際グローバル研究拠点」として、国際共同利用・共同研究の一層の促進、国際学術ネットワークの充実、国際的視野をもつ若手研究者の育成に、また、後者では、これと相補的に化研ひいては京都大学のグローバル化に取り組んでいます。また、異なる階層・戦略のもとでの組織的連携として、大学間連携事業「統合物質創製化学研究推進機構」、学内附置研究所・センター群を包含するアライアンス組織「京都大学研究連携基盤」、同一キャンパス内アンダーワンルーフ型連携事業「スマートマテリアル創製研究」、研究機器等インフラの有効活用プラットフォーム「宇治地区設備サポート拠点」などにも参画しています。
 昨今、異常気象による自然災害の激化、新型コロナウイルス感染の急激拡大など、地球規模での問題が顕在化しています。情報不足とデマに不安が増幅し、直接的影響以上に生命と社会に大きなダメージが懸念される中、今こそ、冷静に軸はぶらさず、しかし、迅速かつ柔軟な対応が求められています。リテラシー構築も含めて、科学技術が果たしうる役割は大きいと考えます。化研は今後も、設置理念を時宜に応じて実践しつつ、化学関連の多分野共同体として、基礎の豊かな、独創性に溢れる連携・融合研究を推進、新たな知への挑戦を続けていきます。折しも、文部科学省との徹底対話に向けて、大学さらには部局の「将来像」の議論も始まっています。一つの節目として、前述の外部評価も活用して中長期的展望の議論を深める好機と捉えています。「Diversity」と「One Team」をキーワードとして、伝統と革新が織りなす「化研らしさ」を強みに、科学・技術の深化・発展とそれによる持続可能社会の構築に貢献できるよう、島川祐一、梶弘典の両副所長、寺西利治共同研究ステーション長をはじめ教職員全員で努めて参ります。引き続き、皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

2020年4月