所長挨拶

化学研究所長 辻 井 敬 亘
材料機能化学研究系 高分子材料設計化学研究領域)教授

 

 化学研究所(化研)は、「化学に関する特殊事項の学理および応用の研究を掌る」を設立理念として、1926年に設立された京都大学で最初の附置研究所です。設立理念に軸足をおきつつ、多彩な化学を中心に物理から生物、情報学に及ぶ広い分野を取り込みながら、一貫して基礎研究を重視した先駆的・先端的研究を進めてきました。現在、専任教員約90名からなる30研究領域(研究室)が、物質創製化学、材料機能化学、生体機能化学、環境物質化学、複合基盤化学の5研究系と先端ビームナノ科学、元素科学国際研究、バイオインフォマティクスの3附属センターに組織されて、先進・横断的研究を展開するとともに、各々が本学の理学、工学、農学、薬学、医学、情報学の6研究科11専攻に及ぶ協力講座として有為な若手研究者の育成に努め、学部教育や全学共通教育にも貢献しています。
 化研では現在、設立以来取り組んできた、研究分野の多様化、個々の先鋭化、相互の連携/協働化を活かして、化学関連分野を深耕する国際的ハブとして、「国際共同利用・共同研究拠点」(平成30年度文部科学省認定)と「上海オンサイトラボラトリー」(令和元年度京都大学認定)の活動を行っています。前者では、「化学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学際グローバル研究拠点」として、国際共同利用・共同研究の一層の促進、国際学術ネットワークの充実、国際的視野をもつ若手研究者の育成に、後者では、これと相補的に化研ひいては京都大学のグローバル化に取り組んでいます。また、異なる階層・戦略のもとでの組織的連携として、大学間連携事業「統合物質創製化学研究推進機構」、学内附置研究所・センター群を包含するアライアンス組織「京都大学研究連携基盤」、研究機器等インフラの有効活用プラットフォーム「宇治地区設備サポート拠点」、研究成果の社会実装を支援する「宇治地区インキュベーション支援室運営」などにも参画しています。
 本年度は、国立大学法人として、また、国際共同利用・共同研究拠点として、1期6年の最終年度となります。今期の総括はもとより、来年度からの次期活動に向けて、大変重要な1年と考えます。研究所の中長期的目標を議論しつつ、新分野開拓を含めた研究の更なる発展と次代を担う人材の育成のための基盤構築を目指します。構成員各人が自らの研究を極め、互いの研究を知るために、工夫した新しい様式でのコミュニケーションを積極的に進めて、コロナ禍で鍛えた「想像力」と「創造力」を大きく生かし、未来志向の1年となればと思っています。
 昨今、異常気象による自然災害の激化、新型コロナウイルス感染の急激拡大など、地球規模での問題が顕在化しています。その解決には、エビデンスに基づく確かな情報と迅速かつ柔軟な対応が求められます。リテラシー構築も含めて、科学技術が果たしうる役割は大きいと考えます。化研は今後も、科学・技術の深化・発展とそれによる持続可能社会の構築に貢献できるよう、化学関連の多分野共同体として、新たな知への挑戦を続けていきます。この目標に向けて、「Diversity」と「One Team」をキーワードに、島川祐一、梶弘典の両副所長、寺西利治国際共同研究ステーション長をはじめ教職員全員で取り組んでいく所存です。引き続き、皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

2021年4月