所長挨拶

化学研究所長 辻 井 敬 亘
材料機能化学研究系 高分子材料設計化学研究領域)教授

 

 化学研究所は、「化学に関する特殊事項の学理および応用の研究を掌る」を設立理念として、1926年に設立された京都大学で最初の附置研究所です。多彩な化学を中心に、物理から生物、情報学に及ぶ広い分野で、設置理念を時宜に応じて実践しつつ、一貫して基礎研究を重視した先駆的・先端的研究を進めてきました。現在、専任教員約90名からなる30研究領域(研究室)が、物質創製化学、材料機能化学、生体機能化学、環境物質化学、複合基盤化学の5研究系と先端ビームナノ科学、元素科学国際研究、バイオインフォマティクスの3附属センターにわたり、個々・相互連携による先端研究を展開するとともに、各々が本学の理学、工学、農学、薬学、医学、情報学の6研究科11専攻に及ぶ協力講座として有為な若手研究者の育成に努め、学部教育や全学共通教育にも寄与しています。

 さらに、化学研究所では、これらの研究領域の高いアクティビティを基盤に、文部科学大臣認定の共同利用・共同研究拠点事業「化学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学際研究拠点」(2016年度より第2期)や大学間連携事業「統合物質創製化学研究推進機構」(2016年度より第3期)などを通じて、化学関連分野の研究者コミュニティへの貢献や関係各大学との連携を積極的に進めています。国際化にあたっては、多数の国外研究機関と部局間学術交流協定を締結し、また、独自の連携・交流プログラムを整備して、国際共同研究の推進や大学院生を含む若手研究者の支援に取り組んでいます。学内では、現代社会が抱える緊縛課題の解決に向けて、エネルギー理工学研究所および生存圏研究所と連携する文部科学省支援プロジェクト「グリーンイノベーションに資する高効率スマートマテリアルの創製研究」(2015年度~)や学内附置研究所・センター群を包含するアライアンス組織「京都大学研究連携基盤」(2015年度~)の活動に参画しています。化学研究所は今後とも、これらの活動も含めて、化学関連の多分野共同体として、基礎の豊かな、独創性に溢れる連携・融合研究の推進に貢献し、新たな知への挑戦を続けていきます。

 このたび、私は、時任宣博教授の後任として、化学研究所長を拝命することとなりました。山子茂、島川祐一の両副所長と寺西利治共同研究ステーション長の協力を得て、良き伝統を継承しつつ新分野開拓に挑戦し、科学・技術の深化・発展とそれによる持続可能社会の構築に貢献できる研究所であり続けられるよう、微力を尽くす所存です。引き続き、皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

2018年4月