京都大学 宇治キャンパス公開 2014

 「京都大学宇治キャンパス公開2015」が平成27年10月24日(土)・25日(日)の2日間にわたり開催されました。毎年秋に行われ今年で19回目となるこの行事では、宇治キャンパス内の研究所などが一般公開されます。当日は好天に恵まれ、子供から大人まで数多くの見学者で賑わいました。
 化学研究所では8ヶ所の公開ラボが開催されました。スーパーボールや色素を使ったアクセサリーなど製作体験のできるラボの他、本物の南極の氷を見ることのできるラボ、最新のレーザー設備や電子顕微鏡などの大型機器を見学できるラボがありました。
 見学者たちは最先端の科学に触れ、研究者や学生たちと交流を深める充実した時間を過ごした様子でした。
 
 また、25日(日)には化学研究所公開講演会が開催されました。

・宇治キャンパス公開 2015公式ホームページはこちら

写真集(各写真をクリックすると拡大画像が見られます)
     
入場ゲート  
受付
  総合展示   ケミルミネッセンス:化学の力で有機化合物を光らせよう!
 
磁石で遊ぼう!

 

 
 
トンボ玉製作体験
ーガラスの性質を学ぶー
 
 
カラフル色素の世界
~アクセサリーをつくってみよう
 
     
身のまわりの高分子材料:スーパーボールをつくってみよう   生命情報学の研究に活躍するスーパーコンピューター   電子顕微鏡で見る原子の世界   高強度レーザーが作る虹色の世界
     
化学研究所公開講演会   川端 猛夫教授講演「もの作り(化学合成)の醍醐味:相手を見分けて化学反応を起こす触媒」   長谷川 健教授講演「フッ素化合物の不思議と界面物理化学」   渡辺 宏教授講演「弾む液体、流れる固体:レオロジーへの誘い」